アメリカンコッカースパニエルの愛犬と韓流に溺れる日々イムニダ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スター日記] テソン ④

“私は分かります。
カン・ホドンやユ・ジェソクが
第一人者であるワケ”










テソン(22・本名カン・テソン)が大衆に親近感を与えることができたのは
SBSの芸能プログラム‘ファミリが浮かんだ’(ペトッ)に出演してからだ。

‘ペトッ’の末っ子に入って行ってユ・ジェソクと呼吸を合わせ、
‘ダム&ダマー’兄弟でキャラクターを作ったことが幅広いファン層を
形成することができるきっかけになった。

しかしテソンに‘ペトッ’はむしろもっと深い意味を持っている。

“人を得ました。実は人と急に親しくなれる性格でもなくて、芸能人の
友達も多くなかったんです。ところで今はチョニ兄さんやヒョリお姉さんと
3回会えばお酒飲みながら話し、終われば安物なカラオケに行って遊んで、
そうなことが楽しみです。”

プログラムの特性上、人々との情にたっぷり関わった。カメラがあれば
‘頭ころがって行く音が聞こえる’ 位に強烈な‘頭脳喧嘩’の現場だったが、
田舍お爺さんやお婆さんたちが素朴に生きて行く姿、朝に起きれば聞こえる
鳥の音と清い空気が彼らに治癒と平和さをプレゼントした。

“チョニ兄さんを初めに見た時は鋭いイメージだったがとても人がいいです。
敢えていて、何が大変だとか、こういう話をしない兄さんと一緒にいれば
ストレスが解けて気持ちがよくなります。

ジョンシン兄さんも私のソロアルバムに一曲くださったんですよ。
アルバムの作業しに行って、四時間笑って騷いで音楽の話して。
笑って騷いでもその話の中で捨てられることはひとつもないです。”

しかし‘ペトッ’が彼に与えた病気がある。それは過度な‘ギャグへの欲’だ。
“‘ ペトッ’をしながら相手を気持ち良くする仕事が本当に好きになりました。
‘お前、今週、おもしろかったよ!’この一言がとても気持ちが良いのです。

それと共に自分も分からないぐらい過度な‘ギャグ欲’が生じたのです。
本当に、歌がお上手だという言葉より‘笑わせる’と言う言葉がもっと気持ち
良かった事もありました。‘ペトッ’ではものを言わなければ編集されるから、
意味もなく言葉を発してました。(笑)”

彼は芸能プログラムをしながら人生に対してたくさん学んだと言った。
“ この間‘強心臓’に出て一言いったら‘あぁ、これだな’と悟りました。
5~6時間、人の話を聞くから私が疲れていたようです。ホドン兄さんが
私を呼んで‘芸能界はくたびれる人が負けるのだ’と言いました。

その言葉が、本当に人生にも当たるようです。くたびれてしっぽを下げる人が
負けるようです。ホドン兄さんを見れば長時間の撮影なのに疲れていた様子が
無く‘やはり最高の席にいる人は違うね’と今更感じたんです。”

“ ジェソク兄さんはカメラが消えれば男らしいです。
画面の中ではうるさくておしゃべりだが、実際では心強い兄さんです。

一度‘無限挑戦’でボクサーの特集を見てからとても悲しくて泣きながら
兄さんに‘感動です!最高です!’と文字を送りました。

そしたら兄さんはすぐ電話をしてきて
‘20代がどうして家にいるんだ。遊びに行け!’と。(笑)

兄さんも心底、私をたくさん心配してくださいました。兄さんを見ながら
たくさん学びました。人と接する方法、カメラが消えてもスタッフ一人ひとり、
みんなに気を配る姿。。。本人も疲れて大変だろうに。”

素朴でまじめなテソンは、自分の経験することがどういうことを大事にし、
小さなことでも学ぶことを心得ていた。
人々との関係も物静かで控え目に作って行く姿が格好よかった。



小さい頃のテソン



第5回は 3月 11日。原文はこちら




・・・で、テソンのアルバム、進んでるんだね!
もぅ出来てるのかも。

むふふ♪

楽しみ~!!!

関連記事

テーマ:BigBang - ジャンル:アイドル・芸能


   

管理者にだけ表示を許可する
  
Calendar

06≪│2017/07│≫08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Categories
Profile

Counter

Thank you for your visit...
Now:

Need a Family!!



○ ◎ ○ ◎ ○

RSS
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。